PICK UP

HOME > 心に癒しを与えるヨガ

心に癒しを与えるヨガ

元々ヨガは修行のために使われていて古代インドで誕生した運動です。激しい動きではなく精神統一しながらリラックスして行うものなので体に負担はかかりません。正しい姿勢やゆっくりとした呼吸法で行っていきます。

ヨガに欠かせないのは呼吸の仕方で鼻から息を吸い、体全体に広くめぐらせるようにしてから、また鼻から出す。これが基礎となります。 普段使わない筋肉の運動をして、基礎代謝があがる事で消費カロリーが増えます。つまり太りにくい体になるのです。

頭痛に効果的なヨガ

ヨガでの頭痛対策は、頭痛や脳内腫瘍などの病気がない限り「血管痛」と考えており、つまり、頭への血流が滞るので注意が必要である。中指をほぐして自律...

疲れ目

疲れ目には、目の血行及び全身の血行を促すことが大切である。肩凝りや腰痛と同じメカニズムでおきるものなので、とても大事なことである。目の酷使や左...

疲労感

疲労感に関するポーズとしては、一番簡単なものは、両手ブラブラ、脱力のコースが一番簡単である。両手の力を抜いてブラブラと両手を振るのは椅子に座...

胃痛・胃もたれ

胃痛・胃もたれなどの内蔵の異常は、貧血やうっ血が大きな原因の一つである。内蔵の血液循環を上げるために腹圧を高めて自律神経が内側を通る背骨の...

不眠

不眠の原因である脳の過緊張は、手を和らげたりして脳のくつろぎを促すことが大事である。首の凝りは頭の血行が悪くなり、考えがまとまらなかったり、不安...

セルフケアなヨガ

忙しく働く男性にこそ、ヨガを習慣にしてほしいと峯岸道子先生が話している。呼吸を広げて、元気に暮らすためのヨガのポーズは4ポーズあり、肩こり、大殿...

朝の10分ヨガ

会社に行きたくないなぁとぐずぐずしている時間を有効に使って毎日ヨガを取り入れていくと快適である。わずか10分と短いので、楽に出来る。頸椎をリラッ...

夜の寝る前ヨガ

ヨガは柔軟性を求めてガンガン動くのもあるが、そればかりではなく、体の柔らかさは関係ない。一日の疲れを残さないのはもちろん、明日のために内蔵コ...